沖縄を楽しむ > 沖縄の海を楽しむ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の海を楽しむ

シュノーケリング  【沖縄を楽しむ】

  沖縄の海シュノーケリングを楽しむ。

やはり沖縄を楽しむと言えば、海を楽しむでしょう、白い砂浜、コバルトブルーの海、色鮮やかな魚たち、ダイビングも、面白いのですが、きょうは手軽にできる、シュノーケリングを紹介したいと思います。

皆さん知ってますか、魚の種類数を見るには、スキューバーダイビングより、シュノーケリングの方が良いことを。

         fish01_80.jpg   kumanomi01_80.jpg   kinmemodoki01_80.jpg

それは、サンゴ礁の浅い場所で、一生を過ごす魚や、大きくならないと、外海に出ない魚が多いからです。

大きな魚や、群れ、を観察したり、ゆっくり写真を撮ったりするには、やはり・スキュウバーダイビングが向いていますが、ボンベや時間、パートナーを気にしたり、自由にできない場合があります。

その点シュノーケリングは、手軽に自由に楽しむことができます、何より身軽で、安価なのが良いですね。

沖縄の海を楽しんだことのある方なら、知っていると思いますが、すぐ近くで、コバルトすずめ、チョウチョウウオなど、とてもキレイナ魚たちが泳いでいます。

沖縄の海には、外洋と、リーフで隔てられた、プールの様な場所が多くあります、リーフの内側になりますので、波は穏やかですし、水深も、3~4メートルと深くなく、サンゴまでも近いですので、シュノーケリングには、最適なスポットです。

そのような場所では、さかなの種類が多く、沖縄特産のくるま麩、魚肉ソーセージなどを持っていくと、あっという間に魚たちが集まってきて、熱帯魚達の、舞い踊りで、竜宮城の様な体験が出来ます。

沖縄に来たらぜひ体験した下さい、今までにない体験ができます。

ダイビングに興味のある方は、こちらを参考にして下さい。

沖縄リゾートダイビングが楽しめます。
沖縄リゾートダイビングツアー


スポンサーサイト

沖縄の海を楽しむ

沖縄の海を楽しむ、シュノーケリングの準備編  【沖縄を楽しむ、】

シュノーケリングの準備

シュノーケリングで、特に必要なものといえば、もちろんシュノーケル、マスク、フィンの3点セットは、言うまでもなく必要です。

ウエットスーツ、ダイブスキンなどがあれば完璧ですが、そこまでの準備が出来なければ、最低限、上着、又は、Tシャツは着用するようにして下さい。

沖縄の紫外線をなめては、いけません!

沖縄の紫外線は、本土と違い、ひどい場合、火傷と同じ状態になります。

毎年夜間発熱して、救急病院に運ばれる、観光客も多いそうですので気を付けてください。

上着、Tシャツは、紫外線から身を守るとともに、体温低下も防いでくれますので、着用してください、スキンケア用品忘れずに・・・!

それと、生物と触れ合う機会があるかも知れませんので、グローブも必要でしょう。

また岩場を移動する機会もありますので、マリンブーツも用意したほうが、よいですね。

とくに、必要なのは、以上だと思います。たったそれだけで、本格的に亜熱帯沖縄の海を楽しむことができます。

あと海には、危険な生物も、いますので、注意してください。

そのようなパンフレット、ポスター、など空港、ホテル、など目立つように、掲示してますので、見落とさないようにして下さい。

ダイビングに興味のある方は、こちらを参考にして下さい。

沖縄リゾートダイビングが楽しめます。
沖縄リゾートダイビングツアー

沖縄の海を楽しむ

シュノーケリングの危険  【沖縄を楽しむ】

シュノーケリングの危険を知っておく。

楽しいシュノーケリングだが、やはり、危険性がないわけではない。シュノーケリングだから、危険だという訳ではない。

海で遊ぶには、3つの危険性が伴うと思ってもよい。その対処を知っておく事により、大事に至ることはない。

1つ目の危険が、前回、書いた。危険生物である。

沖縄の海の危険生物の代表的なものが、ハブクラゲである、毒性が強く、透明なので、見つけるのが難しい、ぷかぷか、ただよっているのだが気がつくと、側にいて、絡まってしまう。

激痛を伴い、しばらくすると、腫れ上がり、火傷のようになる。刺されたら擦らないようにして、酢を懸けクラゲの足を水か冷水で洗い流す。早めに病院に行くようにしたほうがよい。

6月~9月頃に、発生が多く毎年のように、被害が報告されている。

海の危険生物その次に、多いのが、ウンバチイソギンチャクである、サンゴなどの隙間に生息しており、素人にはなかなか、見分けがつかない。

刺されると激痛を伴い、赤い斑点ができる。これは海水で、刺胞球を落とし、やはり、氷か冷水で洗い流す。

他にも危険生物がいるので、前に書いたように、情報を見逃さないようにしましょう。

2つ目の危険が、塩の流れに気をつけるようにしましょう。

干潮の後、満潮の後、塩の流れが変わりますので、急激に流れが速くなり、

あっという間に、リーフの外に流されることもあります、

その場合、流れに逆らうのではなく、横に進むようにして、

流れからはずれるようにして下さい。あとは、ゆっくり泳いで帰ればいいのです。


3つ目が、パニックに陥ることです

どんなに泳ぎの上手の人でも、パニックに陥ると溺れてしまうことがある。

危険生物に刺されたとき、沖に流されたときでも、冷静に対処すれば大きな事故になることはない、

何か突発的なことが起こったとき、瞬間我を忘れてしまい、大事故になるケースが多いようです。

足の着くような浅い海でもパニックに陥り溺れてしまうケースもあります。

何が起こっても、まず、落ち着いて対処できるように心がけておきましょう。

沖縄を沖縄の海を楽しみましょう

シュノーケリングは、注意を怠らなければ、誰にでも簡単にできます。

しかし、沖縄を楽しむ、沖縄の海を十分に楽しむためには、

一度講習を受けることを、おすすめします。シュノーケリングの講習は、

ダイビングショップなどで実施されているので相談してみましょう。

沖縄の海の楽しみ方から、万一のときの備えまで。

1度の講習で、シュノーケリングの世界は圧倒的に広がるはずです。

沖縄の海を最大限に楽しみましょう。

ダイビングに興味のある方は参考にして下さい。

沖縄リゾートダイビングが楽しめます。
沖縄リゾートダイビングツアー

沖縄の海を楽しむ

沖縄リゾート体験ダイビング。【沖縄リゾートを楽しむ】

        沖縄リゾートを楽しむ
   のはやはりダイビングでしょう。


コバルトブルーの海、

広がるサンゴ礁、

サンゴ礁の間を泳ぐ色鮮やかな魚たち、

初心者のダイビングポイントで有名な青の洞窟がありますが、

そこには幻想的な世界が広がっています。

誰でも一度はダイビングをやって見たいと思った事はあるでしょう。

まずは、体験ダイビングをおすすめします。

でも・・・安全か分からない、怖い・・・

誰でも最初は怖いですし不安、と感じるでしょう。

心配はいりません。

経験を積んだインストラクターが、

それぞれのレベルに合わせて潜りますので安全です。

ダイビングショップによって違いますが、ビーチからのダイビングと

船から入るダイビングの2つの方法があります。

どちらにしても、必ずインストラクターをがつきますので心配する必要はありません。

沖縄リゾートの海を魚と一緒に泳いでみませんか!

想像して見て下さい。

コバルトブルーの海を泳いでいる自分を・・・・・

沖縄リゾートの海を楽しみましょう。

ダイビングツアーを利用すると、

ホテル・ダイビング費用も込みなので格安で手軽に

沖縄リゾートダイビングが楽しめます。

沖縄リゾートダイビングツアー


沖縄の海を楽しむ

沖縄リゾートサンゴ礁を楽しもう

沖縄の海と言えばサンゴ礁ですね。

皆さん、飛行機の窓から沖縄の海を見たことがありますか?

それは素晴らしい物があります。エメラルドグリーンに輝く海、何度見ても飽きることのない美しさがそこにはあります。

それは誰もが憧れる楽園の色でしょう。

サンゴ礁の不思議な生態、巨大な構造物を作り出す驚き、サンゴ礁の小さな生物たち、美しい熱帯魚たちに飾られた楽園の姿を紹介して行きたいと思います。

一口にサンゴと言ってもいろいろ種類があり、テーブルのように広がるサンゴ、宝石として珍重されている、木の枝のような形をしたアカサンゴや、イソギンチャクの様な柔らかい体をもつオオウミキノコ、岩の様なサンゴ礁を作り出す、ミドリイシなど様々な種類があります。

世界には、800種以上もの、色、形、生体の異なるサンゴがいると言われています。

沖縄に生息するサンゴの種類は、360種以上いると言われ、世界の1/3以上にもなります。

沖縄の海は世界的に見ても、サンゴの種類が豊富で、研究が進むことで、さらに新しいサンゴが発見される可能性も大きいそうです。

それほど、沖縄の海は、世界中から注目されているのです。

沖縄リゾートの海を楽しみ、大切にして行きましょう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。