沖縄を楽しむ > 沖縄の世界遺産を知る

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の世界遺産を知る

沖縄の世界遺産  【沖縄を楽しむ】

沖縄の世界遺産をあなたは知ってますか。

沖縄には、数多くの遺跡が、存在します。

まだ発掘されてない物も多く、基地の中で埋もれたままの物もあり、

その数は膨大な数の遺跡が存在すると思われています。

その中で、保存状態の良いもの、当時の状態が復元された物の中から、

9箇所の遺跡が、2000年12月に【琉球王国のグスク(城)及び関連遺産群】として、世界遺産に登録されました。

沖縄の世界遺産の多くは、ある特定の年代に作られたものがほとんどです。

またはそ時代に繁栄した、拠点になってます。

その特定の年代とは、戦国時代から琉球王によって平和と安定がもたらされるまでの、
比較的短い期間になります。

三山時代と呼ばれる戦国時代から琉球王国が独立国家として栄華を極めた時代はそれほど長くはありません。

少しでも沖縄の歴史に触れていただければ幸いです。

これから9箇所の沖縄の世界遺産を紹介していきたいと、思います。

 琉球の歴史を色々な文献から調べてみるのも面白いと思います。特に三山時代はかなり面白です。

 旅をするとき、その地の情報、とくに歴史を知っておくとより旅が楽しくなります 
          沖縄の歴史と旅 (PHPエル新書)

沖縄に旅行して世界遺産のを見る予定があるのであれば、上質紙でカラー写真が美しく、メインは三山統一から琉球処分までとなっていてとても読みやすい本です。
          図説 琉球王国 (ふくろうの本)
スポンサーサイト

沖縄の観光地を楽しむ

平成20年度 とぅばらーま大会  【沖縄リゾートを楽しむ】

          中秋の名月、十三日 
   月夜の輝きの下で行われる謡(うた)の宴
          とぅばら~ま大会 

     日 時  : 2008年9月12日(金)
     場 所  : 石垣市真栄里公園(石垣市)
     問合先  : とぅばらーま大会事務局
     電 話  : 0980-82-1515
     アクセス : 那覇空港から飛行機で約1時間/石垣空港から車で約30分
          とぅばらーま大会2

  “とぅばら~ま”の代表曲
       月ぬ美しゃ
       つぃきぃ ぬ かいしゃ や とぅかみぃーか つぃきぃ 

             (月の美しいのは一三日月)
 
       みやらび かいしゃ や とぅーななつぃ ぐる
             (乙女の美しいのは一七歳頃)

中秋の名月、一三日の夜、月夜の下で行われる、唄の大会

“とぅばら~ま”・・・芸能の島・唄の島と呼ばれる無形文化遺産にも
           指定されている八重山地方の名曲

語源は明らかではありませんが、もともとは男女の掛け合いで、生活の場での感情を胸の内から語る心の唄です。

“とぅばら~ま”大会は、代表的なメロディーに歌詞と付け唄い、月夜の下で競い合うしみじみとした雰囲気で、情緒あふれる大会です。

この大会は、17歳から60歳と、世代を超え、年々島外からの応募も増えて来ており、この大会を見るためだけに県外から石垣を訪れる人もいるそうです。

人気が出てきている大会ですぜひ一度は見て下さい。

沖縄リゾートを楽しみましょう。

沖縄の観光地を楽しむ

大東宮例祭 2008 年  【沖縄リゾートを楽しむ】

                200年
            大東宮例祭 

      日 時  : 2008年9月22日(月)、23日(火)
      場 所  : 大東宮を中心に村内全域
               (北大東島/北大東村)
      問合先  :  北大東村役場
      電 話  : 09802-3-4001
      アクセス : 那覇空港から飛行機で約1時間10分
               (北大東空港から車で約15分)
      大東宮例祭

大東宮例祭とは

五穀豊穣を祈願する島最大の祭りで、毎年9月22日・23日のおこなわれております。

初日は、華やかに飾られた神輿で島内を練り歩き、役場前広場ではカラオケ大会などの余興で盛り上げ、前夜祭の締めくくりとして、打ち上げ花火、大東宮神殿に神輿を奉納します。

2日目は、豊年祈願式典が行われ、その後一般青年の沖縄角力、幼少中学生による、江戸相撲が奉納されます。夕方からは人材交流センターにおいて、奉納演芸が催され、地元や本島からの参加で祭りを盛り上げます。

大東宮例祭は、八丈島からの入植者と沖縄からの移住者の文化が融合した独特の祭事となっていて、とても面白そうですね!!

沖縄リゾートを楽しみましょう。

沖縄の観光地を楽しむ

琉宮城 蝶々園を紹介します。

 琉宮城 蝶々園に行ったことありますか?

琉宮城 蝶々園

海洋博記念公園(美ら海水族館)隣にあり、広大な美しい海が一望できる、パノラマレストランを、始めとし、亜熱帯の蝶々との感動的な出会いがあります。

園内には、熱帯、亜熱帯の樹木が生い茂り、小鳥や小動物が飼育されており、ヤシガニやヤドカリなどを見る事が出来ます。

蝶々ハウスには、

日本最大のオウゴンマダラが優雅に飛んでいます。

オウゴンマダラのさなぎは黄金いろに輝いていて、さなぎを見た人は、幸運が訪れると言われています。

オウゴンマダラは、まっ白い羽根に黒の筋模様の美しい蝶で、

ふわふわと優雅に飛ぶさまは、可愛い天使の舞を見ているようで感動的です。

オウゴンマダラは人なつっこく手や肩、頭などに舞い降りてきます。

蝶たちとの感動的な出会いを楽しめます。

那覇空港から2時間ほどの所にあり必見です。

料金
大人 400円  子供200円 になってます。

沖縄の観光地、琉宮城 蝶々園で沖縄を楽しんで下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。