沖縄を楽しむ > 沖縄の祭りを楽しむ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の祭りを楽しむ

沖縄のエイサーを楽しむ 【沖縄を楽しむ】

沖縄最大の祭り エイサーを紹介します。

越来エイサー

この季節になるとどこからか、太鼓の音が、聞こえてきます。

そうです。エイサーの練習をしているのです。

この音を聞くと沖縄に本格的な夏がきたのだな~と感じます。

エイサーとは、沖縄の盆踊りの様なもので、

島の若者達が浄土宗系の念仏の歌に合わせて、

各家々を踊り回る盆の行事で、その念仏踊りが、

エイサーの前身といわれています。

沖縄の行事のほとんどが旧暦に行われる為、

旧暦の7月13・14・15日にあちこちで、エイサーが見れます。

今年は新暦で言うと8月13・14・15にあたります。

近くで見ると、かなりの迫力ですので、ぜひ見に来てください。

エイサーは各部落単位で行われ、

その踊り方、衣装、曲、それぞれ特徴があり、違いますので、面白いですよ。

スポンサーサイト

沖縄の祭りを楽しむ

沖縄のエイサーの踊り方   【沖縄リゾートを楽しむ】

   沖縄のエイサーの踊り方

沖縄のエイサー、太鼓を持って踊る、太鼓踊りと、その後ろから、優雅に踊る、手踊りから構成されている。

太鼓踊りは、回転したり、ジャンプしたり、躍動感がありスケールが大きく勇壮である。

手踊りは、琉球舞踊を基礎とした、優美でおだやかな、踊りである。

前方で、太鼓踊りが、勇壮に踊り、後方で優雅で、おだやかに手踊りが踊るのが一般的です。


  エイサーを中心としたイベント

本来、エイサーは盆の送りの時期のみに踊られるものであるが、

各地域の踊りを一度に楽しもうと、これらを集めたイベントがいくつか開催されている。

主なイベントには下記のものがある。

全島エイサー祭り

毎年8月に沖縄市で開催され、20万人が訪れる、県内最大のエイサーイベント。

主に中北部のエイサーが集まる。


    青年ふるさとエイサー祭り

毎年8月~9月に那覇市で開催される。主に中南部のエイサーが集まる。




一万人のエイサー踊り隊

毎年8月に開催される、那覇市の目抜き通りである。

国際通りに数千人のエイサーが集い踊る催しです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。