沖縄を楽しむ > 沖縄の歴史を知る

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の歴史を知る

沖縄の歴史を知る 【沖縄を楽しむ】

  琉球の歴史概要

 琉球は、1000年以上前から国家らしきものがあったようですがはっきりしたことは分かっていません。

 歴史上の最初の王は1187年に即位した舜天(しゅんてん)王という人物で、琉球に逃れた源為朝の子孫との伝説もありますが、これも定かではありません。

 次に現われたのが1260年に即位した英祖(えいそ)王で、実際に浦添城の「浦添ようどれ」と呼ばれる墓が存在します。

 次は1350年即位の察度(さっと)王で、初めて中国明朝と貿易を行った人物です。このあたりから歴史は伝説から史実へと移ってゆきます。

 これらはそれぞれ数十年、複数代にわたって存続した王統ですが、いずれも浦添近辺を拠点とした一地方の勢力だったと考えられます。この時代はまだ中央集権国家なるものは存在していませんでした。

 察度王の時代以前から、各地方では豪族が勢力拡大を繰り返して台頭し、やがてそれらは三つの勢力に収斂(しゅうれん)されてゆきます。

北部では本部半島の今帰仁城を拠点とする勢力

中部は浦添城(首里城の説もある)の察度王統の勢力

南部では南山城(現在の糸満市)を拠点とする勢力

 これら三つの勢力を、それぞれ北山(ほくざん)、中山(ちゅうざん)、南山(なんざん)とよび、この時代を三山(さんざん)時代とよびます。いわゆる日本の戦国時代にあたります。

 この戦国時代を終わらせたのが南東部の佐敷(現在の佐敷村)から中央へと進出し、1406年に察度王統を滅ぼして中山のニューリーダーとなった尚巴志(しょう・はし)でした。

尚巴志は1416年に北山を攻略し、1429年ついには南山を滅ぼして琉球統一を成し遂げました。

 七代続いた尚巴志の王統でしたが、1469年に終焉を迎えます。

王国内のクーデターで王の一族は滅ぼされ、代わって尚円(しょう・えん)が王位につきます。

尚の名が同じなのは中国との貿易外交上の都合で、実際は新しい王統の誕生でした。

尚巴志の王統を第一尚氏、尚円の王統を第二尚氏とよびます。

 尚円王統時代に琉球は全盛期を迎えます。中国との貿易で国が栄え、戦争のない平和な時代が続きました。

しかし、1609年薩摩藩の侵略であっけなく首里城は陥落してしまいます。長い平和な時代が、琉球の戦う力を失わせてしまっていたという皮肉な結末でした。


 中国貿易の利権をねらった薩摩は表向き琉球王国を存続させましたが、この時点で独立国としての琉球の歴史は終わりました。

名実ともに琉球が歴史から消えたのは明治維新の廃藩置県の時で、以後琉球は沖縄になったそうです。

 琉球の歴史を色々な文献から調べてみるのも面白いと思います。特に三山時代は面白いとおもいます。

 旅をするとき、その地の情報、とくに歴史を知っておくとより旅が楽しくなります 
          沖縄の歴史と旅 (PHPエル新書)

沖縄に旅行して世界遺産のを見る予定があるのであれば、上質紙でカラー写真が美しく、メインは三山統一から琉球処分までとなっていてとても読みやすい本です。
          図説 琉球王国 (ふくろうの本)



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。