沖縄を楽しむ > スポンサー広告 > シュノーケリングの危険  【沖縄を楽しむ】

沖縄を楽しむ > 沖縄の海を楽しむ > シュノーケリングの危険  【沖縄を楽しむ】

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の海を楽しむ

シュノーケリングの危険  【沖縄を楽しむ】

シュノーケリングの危険を知っておく。

楽しいシュノーケリングだが、やはり、危険性がないわけではない。シュノーケリングだから、危険だという訳ではない。

海で遊ぶには、3つの危険性が伴うと思ってもよい。その対処を知っておく事により、大事に至ることはない。

1つ目の危険が、前回、書いた。危険生物である。

沖縄の海の危険生物の代表的なものが、ハブクラゲである、毒性が強く、透明なので、見つけるのが難しい、ぷかぷか、ただよっているのだが気がつくと、側にいて、絡まってしまう。

激痛を伴い、しばらくすると、腫れ上がり、火傷のようになる。刺されたら擦らないようにして、酢を懸けクラゲの足を水か冷水で洗い流す。早めに病院に行くようにしたほうがよい。

6月~9月頃に、発生が多く毎年のように、被害が報告されている。

海の危険生物その次に、多いのが、ウンバチイソギンチャクである、サンゴなどの隙間に生息しており、素人にはなかなか、見分けがつかない。

刺されると激痛を伴い、赤い斑点ができる。これは海水で、刺胞球を落とし、やはり、氷か冷水で洗い流す。

他にも危険生物がいるので、前に書いたように、情報を見逃さないようにしましょう。

2つ目の危険が、塩の流れに気をつけるようにしましょう。

干潮の後、満潮の後、塩の流れが変わりますので、急激に流れが速くなり、

あっという間に、リーフの外に流されることもあります、

その場合、流れに逆らうのではなく、横に進むようにして、

流れからはずれるようにして下さい。あとは、ゆっくり泳いで帰ればいいのです。


3つ目が、パニックに陥ることです

どんなに泳ぎの上手の人でも、パニックに陥ると溺れてしまうことがある。

危険生物に刺されたとき、沖に流されたときでも、冷静に対処すれば大きな事故になることはない、

何か突発的なことが起こったとき、瞬間我を忘れてしまい、大事故になるケースが多いようです。

足の着くような浅い海でもパニックに陥り溺れてしまうケースもあります。

何が起こっても、まず、落ち着いて対処できるように心がけておきましょう。

沖縄を沖縄の海を楽しみましょう

シュノーケリングは、注意を怠らなければ、誰にでも簡単にできます。

しかし、沖縄を楽しむ、沖縄の海を十分に楽しむためには、

一度講習を受けることを、おすすめします。シュノーケリングの講習は、

ダイビングショップなどで実施されているので相談してみましょう。

沖縄の海の楽しみ方から、万一のときの備えまで。

1度の講習で、シュノーケリングの世界は圧倒的に広がるはずです。

沖縄の海を最大限に楽しみましょう。

ダイビングに興味のある方は参考にして下さい。

沖縄リゾートダイビングが楽しめます。
沖縄リゾートダイビングツアー

スポンサーサイト

<<沖縄の世界遺産  【沖縄を楽しむ】沖縄を楽しむ沖縄の海を楽しむ、シュノーケリングの準備編  【沖縄を楽しむ、】>>

<<沖縄の世界遺産  【沖縄を楽しむ】沖縄を楽しむ沖縄の海を楽しむ、シュノーケリングの準備編  【沖縄を楽しむ、】>>

コメント

コメントする

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。