沖縄を楽しむ > 沖縄の海を楽しむ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄の海を楽しむ

沖縄リゾートサンゴ礁の危機   【沖縄リゾートを楽しむ】

沖縄リゾートサンゴ礁の危機

サンゴ礁とは、サンゴによって作られた岩礁のことを言い、
サンゴ礁を作らないサンゴもあり、【非造礁サンゴ】といいます。
サンゴ礁を作るものは、【造礁サンゴ】と言います。

サンゴにも危険がありそれを紹介します。

サンゴ同士による縄張り争い?
 知ってましたか、意外なことだと思いますが、サンゴにも
 縄張り争いがあるのです。

 毒の弱く繁殖力の高いミドリイシが、毒の強い繁殖力の
 弱いキクメイシを囲むように生育していることがあるのですが、
 繁殖力の高いミドリイシがどんどん領土を広げているのですが、
 戦えば負けるので、キクメイシの領土の部分には、
 手を出せないのです。
 
 これが縄張り争いの結果なのです。

台風の脅威

 台風もサンゴ礁にとっては脅威なのです。

 沖縄に接近する台風は勢力も強いのが多く、樹木をなぎ倒し、
 ガラス窓を割ったり、時として車をひっくり返すこともあります。
 海の中も同様にその影響から逃れることは出来ないのです、
 台風の過ぎ去ったあと、巨大なサンゴ礁が波に割られ、
 砂浜に打ち上げられたりすることも、しばしばあるのです。

 これは自然がもたらす脅威で防ぎようが無いのです。

サンゴを食べる動物の脅威。

 サンゴを食べる動物として、ブダイ(イラブチャー 
 沖縄の呼び名)がいますが、数の少なくそれほどの脅威
 ではありません。

 最大の脅威は、オニヒトデです。
 オニヒトデは、サンゴしか食べないのです、サンゴの上に
 またがって、胃袋をかぶせ消化酵素でサンゴの骨格以外の
 部分を溶かし吸収してしまうのです。

 オニヒトデの去ったあとは、白い骨格だけのサンゴが残った
 状態になります。
 
 このオニヒトデの大発生が、たびたび起こっているのです。

 これは、昔から、大発生はあったようで、世界中のサンゴに
 甚大な被害をもたらしており、なぜ大発生をするのか、
 今のところ原因ははっきりしていないのです。

最大の脅威、地球の温暖化。
 1998年夏、沖縄諸島の各地でサンゴの白化現象が起きた
 のをご存じでしょうか。

 サンゴ礁がいたる所で、壊滅状態になりました。
 その原因が、海水温の上昇でした。一定の温度以上になると、
 栄養の補給源である、ゾーザンテラが死滅して、サンゴ自身も
 死んでしまうのです。後に残った白骨化した状態をサンゴの
 白化現象と呼ぶのです。

 海水の温度上昇以外にも、海流の変化や、海水濃度の変化、
 など、さまざまな原因により、死滅してしまうのです。

 サンゴは、丈夫そうに見えますが、ナイーブな生き物なのです。
 
沖縄リゾートの海を楽しむ為にも、地球の温暖化を少しでも、
くい止めて行かないといけません。

地球の環境を大切にして行きましょう。
 

沖縄の海を楽しむ

シーカヤックってなに?     【沖縄を楽しむ】


シーカヤックとは?

人間が狩猟生活はじめたころから交通の手段として丸太を削って作ったのではないかと思います。

シーカヤックは世界最小、最古の船、ではないでしょうか。

現在のシーカヤックの原型は、北アメリカの先住民族が、輸送、狩猟、魚釣りなどに使用してたものをアメリカに移住してきた人たちが改良してできたそうです。

シーカヤックは川で使うカヤックより船体が長く、広い海で使用する為、直進性が強く急な方向転換には向いていないためダラー(舵)が付いている物が多くなって来ています。

シーカヤックの魅力は、何といってもその手軽さだと思います。

カヤック一つで日本一周をする事が出来、北海道から沖縄まで、カヤックを楽しむ事が出来ます。

沖縄でのシーカヤックは沖縄のきれいな海岸線を楽しむことが出来ますし、海との一体感を味わえてとても気持ちのいいものです。

慣れた方でしたら、島伝いに、九州まで行くことが出来ます。

シーカヤックは決して難しいものではありません、年齢や体力に全く関係なく楽しめます。

初心者が注意しなけれがならない事は、天候やルートだと思います。

沖縄のサンゴ礁などの所では、潮の流れの変化もありますので、注意する様にしましょう。

シーカヤックに乗ったことのない方は、ダイビングショップで体験ツアーなども多いですので一度は体験して見て下さい。

シーカヤックで沖縄の海を楽しみましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。